inquiry
trial_download

トップページ

JavaScriptが無効になっています。

JavaScriptの設定が無効の場合は、本ホームページを利用することができません。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

トップページ 製品・評価版ソフトウェアSIMUL8導入事例利用法

利用法

主な適用分野

映画館の人の流れ、要員管理の最適化をシミュレーションします。


映画館(シネマコンプレックスなど)での駐車場、ロビー、売店、チケット売場、入口(もぎり)の配置、観客の流れ、待ち行列、必要なサービスの要員をシミュレートし、配置設計の最適化を図ります。


空港、鉄道、道路の車両、乗客、要員管理などの最適化をシミュレーションします。


空港のチェックインカウンタ、X線荷物透視、及び要員の数、配置、乗客、手荷物などの運搬の流れからシミュレートし最適化を図ります。


空港出発ロビーの例では、乗客がチェックインカウンタに荷物を預け、搭乗するまでの流れからモデルを作成しシミュレーションしたものです。

乗客は入口から、荷物を預ける人と、手荷物のみの人に分かれてチェックインカウンタのサービスを受けます。

また、荷物を預ける時と搭乗口前で、X線透視検査を受けます。

シーズンや時間帯によって混み具合の変動がありますので、チェックインカウンタのブースの数やX線透視検査の数をシミュレートし乗客の待ち行列を出来るだけ短くなるように最適化を図ります。

(もし、最適化なされていないとロビーは乗客であふれ、搭乗に間に合わなかったり、逆にサービス担当者が多すぎるとコストが増大します。)


上記モデルでは、チェックインカウンターが10列ありますが、それらをまとめてサブウインドウで定義し見やすくしています。

土木、建築の建築資材、運搬機器、要員管理などの最適化をシミュレーションします。


高価な土木建築機器を最も有効に活用するため、土木建築機器の処理能力、資材運搬の流れ、作業要員の配置などをシミュレートし最適化を図ります。

また、土木工事では、トラックの積載能力/台数、運搬ルートの車線数、信号の点滅のタイミング、車両スピードなど、きめ細かなシミュレーションが行えます。


製造ラインの設計及び工程管理、要員管理などの最適化をシミュレーションします。


生産機器の生産能力、稼働率、故障復旧時間、各ラインの速度、配置要員、段取替えをシミュレートし最適化を図ります。

また、倉庫内の配置、ピッキング、パッキング、ローディング、車両の移動、要員配置などの配送をシミュレーションし最適化を図ります。


病院の待ち行列管理、医師、看護士、受付、会計などの要員管理の最適化をシミュレーションします。


患者の受付、各診療科での待行列、医師/看護士の配置と要員数、会計での待ち行列の最適化をシミュレーションします。


その他、以下の分野でも利用されています。


  • 物流配送・輸送システム
  • 予約システム
  • 教育機関
  • コールセンター
  • BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)

価格一覧ページ