inquiry
trial_download

トップページ

    • 購入前/購入後のサポート
    • FAQ

JavaScriptが無効になっています。

JavaScriptの設定が無効の場合は、本ホームページを利用することができません。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

トップページ 製品・評価版ソフトウェアSIMUL8モデルの作成モデル作成の基礎

モデル作成の基礎

SIMUL8 によるモデル作成と実行イメージのご紹介

SIMUL8は、GUIを使って簡単な操作でモデル作成が出来ます。

SIMUL8を使って、一から基本的なモデルを作成する手順を解説します。

  1. SIMUL8を起動すると、下記の初期画面が表示されます。左上に、モデルで使用する基本的なアイコンが並んでいます。
  2. 「ワークイン」をマウスでドラッグし、ワークシート上に配置します。
  3. 配置された「ワークイン」をクリックし、表示されるメニューから待ち行列に相当する「キューの作成」を選択します。
  4. これで、自動的に「ワークイン」から「ワークストック」に至るモデルが作成されます。
  5. 同様の手順で、「ワークセンター」、「ワークストック」、「ワークアウト」を配置していきます。

  6. これで、基本的なモデルが作成されました。

  7. 「実行」をクリックすることで、シミュレーションがスタートし、アニメーションで視覚的にモデルの動きを確認することができます。
  8. 配置した「ワークイン」、「ワークストック」、「ワークセンター」には、予めデフォルトでパラメーターが設定されています。このパラメーターを変更することで、実際のモデルと同じ動きを作ることができます。
  9. また、各アイコンを変更することで、より実際のモデルに近いイメージでシミュレーションを実行することができます。
    アイコンは、あらかじめ用意されているものもありますが、自分で用意した画像を使用することも可能です。

SIMUL8で作成されたモデルの例