inquiry
trial_download

トップページ

JavaScriptが無効になっています。

JavaScriptの設定が無効の場合は、本ホームページを利用することができません。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

トップページ 製品・評価版ソフトウェアNetop Visionプロダクト基本機能

基本機能

画面提示(静止画)

先生または生徒の画面を提示することができます。フルスクリーンまたは、ウィンドウ表示のダイナミックな切替ができ、 生徒のタスクバーに最小化表示もできます。

画面提示(動画)

ハードウェアアクセラレータ(SSE2)対応のCADやDVDなどのグラフィック関連のソフトで再生された画像を高速で生徒側に転送できます。ハードウェアアクセラレータ対応ソフトのPowerDVD等での再生をリアルタイムで配信することができます。


SSE2対応ソフト(一例)

Adobe Photoshop    ArchiCAD     Autodesk AutoCAD   Autodesk Inventor   Cinema4D   Power DVD

Google Sketchup    Google Earth

モニタリング

生徒の画面を一覧表示でモニタリングできます。座席のレイアウトにあわせ、画面の配置もできます。

クラスルームモニター

生徒 PC の閲覧画面を別ウィンドウで表示できる、見やすいモニタリングビュー機能です。

自動巡回では、表示画面数と巡回時間を調節できます。先生機は、自分の作業や教材をメイン画面に提示し、クラスルームモニターをサブのモニター画面に表示させることで、生徒画面のスムーズな閲覧を助けます。

パースペクティブ

3D表示でモニタリングできます。教室を3次元の高い視点から眺め、一覧の中から選択されたPCの画面をトップに大きく表示したり、インターバルに従い表示画面を自動で切り替えることができます。

ライブビュー

別ウィンドウで開くモニタリング専用画面。特定の生徒をモニタリングしたい時に活用できます。

リモートコントロール

生徒が困っているときに遠隔で支援操作できます。マウス・キーボード権限、クリップボードの送受信、ポインター操作、スクリーンショット取得、ファイルのドラッグアンドドロップが使用できます。

ポインターツール

画面提示・リモートコントロール時に使用できます。四角、円、直線、矢印、フリーハンド、テキスト、蛍光ペン、透過モード、スポットライト、レーザー、番号、オブジェクト化等20種以上のツールから選択可能。プロジェクタに表示するときなど、単独でポインター機能を利用することもできます。

指定領域拡大表示

見せたい箇所をズームさせて表示する、虫眼鏡機能として使用できます。

ブランクスクリーン(生徒を完全ロック)

生徒機に特定の画像またはメッセージを表示し、キーボードやマウスをロックできます。任意のメッセージや任意のビットマップ画像を送信できます。

入力のブロック(生徒操作のみロック)

生徒の画面はそのままに、マウスとキーボードの入力だけを制限できます。

Webロック

インターネットの閲覧をブロックでき、Webブラウザにロック画面を表示できます。フィルター機能を使い、許可されたページの登録済み一覧を表示させることができます。

ブラウザからクラスに参加

生徒用ソフトをインストールしていないデバイス(BYOD)でも、Webブラウザからアクセスしてクラスに参加できます。

画面記録・共有

先生は、スナップショットで静止画を撮影できます。スナップビューアーにて、スナップショット画面を生徒機と共有、表示管理ができます。

チャット

テキストでのオンラインディスカッションです。内容を保存することができ、複数のセッションも同時に起動可能です。

メッセージの送信

テキスト形式でメッセージを送信できます。

アプリケーション起動

生徒のPCで事前に登録したプログラムを一斉に実行できます。生徒PCローカル上で起動させます。ドラッグアンドドロップまたは事前登録が可能です。

アプリケーション停止

起動されているすべてのアプリケーションを強制終了できます。

キオスクモード起動

先生が起動したアプリケーションだけを生徒に操作させることができます。起動されたプログラム以外の操作はできません。生徒機上の「閉じる・最小化・最大化ボタン」を無効化し、スタートボタンの置き換えができます。

電源管理

すべてのパソコンを一斉に電源ON、ログオン、ログオフ、シャットダウン、再起動することができます。

ファイルの配布

ファイルの一斉配布ができ、配布先フォルダを指定可能です。

ファイルの回収

残り時間表示タイマーによる自動回収ができます。表示名(PC名、ログイン名等)でフォルダを作成、又は”(PC名)”でファイル名を前方修飾し保存します。同名のファイルがある場合は、ファイル名に番号を追記して保存します。回収後に自動削除も可能です。ファイルが開かれていても、元ファイルを回収できます。

ドキュメントを表示

生徒に指定ドキュメントを送付して自動でアプリケーションを起動して表示させることができます。表示されたドキュメントは生徒側で編集が可能で、キオスクモードでの制限配信もできます。

アプリ・Web機能制限

生徒機で起動可能なアプリケーションや、アクセス可能なWebアドレスを制御できます。ブラックリスト/ホワイトリストで定義し、閲覧を制限したり、強制終了することができます。

フィードバックの集計

授業の雰囲気、難易度、スピードに対するアンケート集計ができます。用意されたフォーマットで円グラフ集計も可能です。

テスト

Vision内で簡単なアンケートとして、設問への回答を集計することができます。また、VisionのLearning Centerによって指定のURLにアクセスすることで、いつでも、どこでも、どんなデバイスでもブラウザ経由で受講したり、テスト試験を受けることができます。

拡張機能

Vision Mobile

自由自在に先生からiPadを使って指導できます。

iPadからパネル操作により、授業を進められ、より自由な指導が可能になりました。

先生操作BOX Teach Pad (※オプション)

先生機にUSBで接続できる外付けハードウェアです。ボタンを押すだけで、生徒に命令を送ることができます。

ソフトウェアと組み合わせてより操作性が向上しました。

VISION HAND

PDA、スマートフォンなどWebアクセス可能なデバイスからリモート操作できます。サムネールビューと共に、集中・画面提示・インターネットの制限が制御できます。