inquiry
trial_download

トップページ

    • 購入前/購入後のサポート
    • FAQ

JavaScriptが無効になっています。

JavaScriptの設定が無効の場合は、本ホームページを利用することができません。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

トップページ 製品・評価版ソフトウェアNetop Remote Control導入事例ユーザリスト

ユーザ事例

主な適用分野

いすゞシステムサービス株式会社様

ヘルプデスク業務をNetop Remote Controlで効率化


いすゞシステムサービス株式会社様は、サポート業務効率化のためNetop Remote Control の導入を決定されました。

この7,000ライセンスは全国の営業拠点にインストールされ、全国のサポートを遠隔で行えるようになりました。

ヘルプデスク作業は電話やメールでは効率が悪く、また直接ユーザのところまで出向いたりと解決に時間とコストを要します。

Netop Remote Controlの「クライアントPCの情報収集(インベントリ機能)」「リモートコントロール機能」等を使い

クライアントPCの情報を確認しながら遠隔で操作することで、スムーズなヘルプデスク対応が可能となります。

また、これまでオンサイトサポートが必要であったケースでも、リモートコントロールで解決できることは多く

出張コストを大幅に削減することが可能です。

精密機器製造業 A社

Netop Remote Contorlで精密機器製造装置の監視・モニタリング・メンテナンス


世界で活躍する半導体製造日本大手のA社では、クリーンルーム内や生産ラインで使われている精密製造機器が普段から厳重に管理されているため人の出入りが自由に出ません。

そこで、それら該当機器にあらかじめNetop Remote Controlを導入しておくことで、離れた場所からも必要な時にリモートでアクセスすることが可能となりました。

すぐに駆けつけにくい場所にNetop Remote Controlが設置されていることで、遠隔操作により該当機器を確認出来るようになり、生産性が向上しました。

また、精密機器への直接アクセスとは別に、遠隔制御ツールの一部としてNetop Remote Controlを組み込んでの利用も行われています。

銀行・金融機関 B行

行内サポートツールにNetop Remote Controlを採用


今までpcAnywhereで行内サポートを行っていた銀行B行では、行内の業務インフラのVDI(仮想化環境)への移行に伴い、すべてのツールの見直しを行いました。

丁度、pcAnywhereの販売・サポート終了の案内もあり、いくつかのリモートツールを検討している中で、VDI環境での利用に適応しているNetop Remote Controlの導入を決定しました。

数千台に上る仮想クライアントのサポートにご利用いただいています。

銀行・金融機関 C行

サポート業務と社内教育ツールにNetop Remote Controlを採用


銀行C行のサポートセンターから各支店への顧客紹介PCへNetop Remote Controlを組み込んでご利用いただいています。

操作方法や使い方が不明な点などを、リモートでサポートしてもらうことが可能となりました。

さらに、社内教育や社内トレーニングツールとして、社内集合研修で複数名がPCを利用した際に、受講者から不明点があれば、講師がリモートでサポートを行うといったシーンでもご利用いただいています。

行員スタッフと顧客の金融取引や商談の際に、銀行側から顧客へ説明や案内に使用する提示用のPCディスプレイ画面を、リモートでサポートしています。

同じ画面を見ながら、画面を共有できるので、双方、目の前に設置されているディスプレイを見ながら、スムーズに商談を進められることで、業務の効率がアップしました。

また、銀行と支店間は専用線でつながっており、ゲストとホストを直接つないでユーザをサポートすることが可能ですが、安定した接続と高速な画面表示に加え、高度なセキュリティを必要とするため、Netop Remote Controlが採用されました。

医療機器業 D社

医療機器の遠隔監視・サポートをNetop Remote Controlで実現


病院で使われているD社の医療機器にNetop Remote Controlが組み込まれています。

モニタリング機器や、電子カルテ、治験機器などで利用されており、医師や病院関係者が納入された機器を使用する際、導入前までは医療機器メーカー担当者が立ち会ったり、必要に応じて訪問サポートするために、時間のロスと手間がかかりましたが、不明点や問い合わせをしたい際に、すぐにリモートコントロールでサポートが受けられるようになりました。

必要に応じて資格者により、遠隔で実際に機器も操作してもらえる為、サポートの品質向上にもつながりました。

また、医療関係の機器への接続は、高度なセキュリティと安定性が求められます。院内での遠隔処理においても同様です。

Netop Remote Controlは、AES256bit暗号化によりモジュール間の通信が暗号化され、さらにアメリカのセキュリティ基準となる、HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act), PHI(Protected Health Information), ISOに準拠した製品となっています。

専用機器にNetop Remote Controlを組み込んでの利用

駅構内の券売機や精算機、自動改札制御機器からPOS端末、ATMやキオスク端末などの専用機器において、遠隔保守または、遠隔サポートを目的として導入されています。

ATMやPOS端末を使用しているユーザからのヘルプ時はもとより、ユーザが意識していないときでも、管理側からの監視及び制御が可能となります。

また、Netop Remote Controlは、券売機や精算機のような複雑な専用アプリケーションが動作している機器にも、アプリケーションの一部機能として、プログラミングにより組み込んで使用されているように、様々な機器でその性能を発揮しています。

調剤事業 E社

薬局の顧客情報データ入力サポートをpcAnywhereからNetop Remote Controlへ乗り換え


調剤事業 E社は、薬局に来店した顧客の情報(処方箋の内容や、お客様情報)をpcAnywhereを利用して、薬局に駐在している薬剤師に代わり、データセンターより薬局へリモートアクセスし、入力のサポートを行っていました。

pcAnywhereの販売・サポート終了に伴い、大規模な自社システム再構築を行うことよりも、従来のリモートコントロールによるデータ入力業務を遂行するために、代替製品を探しており、ホストPCへの接続が高速で、接続時の操作のレスポンスが速く、安定した接続性が評価され、数ある他社製品の中から、Netop Remote Controlが採用されました。

制限なく同時に複数のホストへ接続できる点も、Netop Remote Controlが選ばれる理由の一つとなっています。

CAD業界 F社

Netop Remote Controlを自社製品サポートに導入


CAD/CAM/CAEシステムインテグレーション事業を中心とするF社が

デジタルモックアップシステム製品や3次元CAD/CAM/CAE製品のリモートカスタマサポートのために、Netop Remote Control を導入しました。

サポートセンターに年間9,000件の問合せがある中、従来、電話/E-mail/FAXで対応してきましたが、ユーザの作業状況が把握しづらい等の問題が発生。そこでNetop Remote Controlを使うことにより、ユーザの操作習得や、トラブル解決をより効率的に行えるようになりました。

データセンターのサーバを遠隔管理

ウェブコンテンツ制作・ウェブサイト運営会社F社様にNetop Remote Controlをサーバ遠隔監視・遠隔操作ツールとして、ご採用いただきました。

海外現地法人のPCサポート業務

国内の製造業G社が海外の現地法人グループ会社のIT環境サポートのため、Netop Remote Controlを採用しました。