inquiry
trial_download

トップページ

    • 購入前/購入後のサポート
    • FAQ

JavaScriptが無効になっています。

JavaScriptの設定が無効の場合は、本ホームページを利用することができません。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

トップページ 製品・評価版ソフトウェアNetop OnDemandプロダクト基本機能

基本機能


Netop OnDemand Remote Control の基本機能をご説明します。
ヘルプサービスモードやサービスチケットモードなど、ヘルプデスク業務にあわせた機能が用意されています。
また、セキュリティに関しても、長年培われた Netop の技術が最大限に利用されています。



ヘルプサービスモード


ヘルプデスクの支援が必要な場合、 エンドユーザは Netop OnDemand のプログラムをウェブからダウンロードします。
エンドユーザが自分の名前、問題の内容等を記入すると、リクエストはヘルプデスク センターで自動的に順番待ちになります。



サービスチケットモード


通常のようにエンドユーザがヘルプデスクに電話します。
電話を受けたヘルプデスク担当者はエンドユーザに Netop OnDemand のプログラムをダウンロードできるウェブサイトを伝えるか、または、そのリンクを電子メールで送ります。
Netop OnDemand ではヘルプデスク担当者がone-timeサービスチケットを作成します。
これによってエンドユーザは電話で話している同じヘルプデスク担当者に接続することができます。



セキュリティ


ヘルプのためにオンラインで接続している間、 エンドユーザとヘルプデスク間のデータ交換は 256 bit AES で暗号化されます。
接続は双方向の通信で制御、および照合されます。



エンドユーザのデスクトップの参照


問題解決の間、 エンドユーザのWindowsデスクトップ画面がリアルタイムでヘルプデスク担当者の画面に表示されます。



マウス、キーボードによる操作


エンドユーザが許可すれば、 ヘルプデスク担当者はエンドユーザのマウスとキーボードをリモートで操作することができます。
また、ヘルプデスク担当者は参照モード時にマウス ポインタを用いてエンドユーザの画面上を指し示すことができます。



ファイル転送


2分割画面のファイルマネージャでヘルプデスク担当者はエンドユーザにたいして更新プログラム、パッチ、ドライバ等を提供することができます。
また、問題の詳細を調査するためにファイルを読み取ることができます。



チャット


もしもエンドユーザがダイアルアップで接続している等の理由でヘルプ作業の間、電話回線で通話できない場合、または通話時間が長くなる場合など、Netop に付属のインスタントメッセージング機能を使って情報交換することができます。



マスク


エンドユーザは自分のPC上でヘルプデスク担当者が見ることのできるアプリケーションを制限することができます。
もし、メールソフトが開いていても中を見られたくないときや質問しているアプリケーションだけを見てもらう時に利用します。


機能の選択


接続する前、または接続中にエンドユーザはヘルプデスク担当者が使用できる機能を制限することができます。
例えば、接続時はすべての機能を許可していたけれど、ファイルのダウンロードは許可しないとしたり、マウスやキーボードの制御を許可しないで、画面を見ながらチャットで指示を受けるなど、機能の選択が可能です。



カスタマイズ


OnDemand モジュール作成が自由にできます。
会社名やサービス名を入れて特定のサービスであることを示したり、最初から利用できる機能を制限することでエンドユーザが接続を許可しやすいようにすることもできます。


特徴

  1. ソフトウェアをあらかじめインストールしておく必要はありません。
  2. すぐ使える – 約1.5Mバイトのファイルをウェブサイトからダウンロードするだけ。
  3. 実行時に管理者の権限は必要ありません。
  4. 操作が簡単 – トレーニングの必要はありません。
  5. ファイアウォールの設定不要 – 標準的なウェブサービスで接続します。
  6. ヘルプデスク担当者数のライセンスのみ。接続先のエンドユーザ数は無制限です。
  7. エンドユーザのPCに痕跡を残しません。

セキュリティ

Netop OnDemand のセキュリティについてご説明します。
ヘルプデスク担当者がユーザの画面にアクセスするには、必ずユーザの許可が必要です。
通信の暗号化など、ヘルプデスクに必要なセキュリティ機能が搭載されています。



ユーザによる接続の許可


エンドユーザは、ヘルプデスク担当者が PCにアクセスすることを接続の前に許可する必要があります。
エンドユーザはヘルプデスク担当者の操作を見て、不適切な操作があった場合にはアクセスを強制的に切断することができます。



認証


Netop WebConnect を通してのヘルプデスクセンターへの不正なアクセスを防ぐために、WebConnect への接続コードがあり、エンドユーザとヘルプデスク側での情報が一致することが必要です。



緊急時の接続切断


エンドユーザはキーボード操作だけで、 いつでも接続を切断することができます。



セキュリティ ロール


ヘルプデスクは Netop OnDemand のプログラムをユーザの要望にあわせて提供することができます。
ヘルプデスクとのファイル転送を望まないユーザもあるでしょう。
またマウスとキーボードの遠隔操作を拒否することがあるかもしれません。



豊富なイベントログ


ヘルプデスク担当者は 接続中の操作をログに保存することができます。
ログには100種類以上の Netop イベントが 含まれます。
ログはローカルファイル、Netop セキュリティーサーバ、Windowsイベントログ、 または SNMP が稼動するサーバに保存することができます。



高度な暗号化


エンドユーザとヘルプデスク担当者の間の接続には 256-bit AES暗号化、256-bit SHA HMACを用いた整合性チェック、2048-bits Diffie-Hellman鍵交換 を使用しています。



セッション レコーディング


エンドユーザのPCで行われたすべての操作は ヘルプデスクセンターに保存し、あとで再生することができます。
保存した操作は、トレーニングや品質監査、およびサービスマニュアルの作成に利用することができます。



▶ 仕様ページ